威航」タグアーカイブ

関空スカイショップタウンでありがとうTNAフェア開催中

昨年9月末に関空展望ホールsky viewにあるスカイショップタウンで威航のグッズを買って以来、関空は何度も利用したが、関空展望ホールの営業時間内に立ち寄ることができなかった。たまたま今回、帰国便が関空に30分早く到着という運に恵まれたため、立ち寄ることにした。

関空とコラボノートや威航の泉州タオルがまだあれば、追加で購入しようかと立ち寄った。コラボノートとタオルは、今まで通りで在庫はまだたくさんあった。そして以前威航グッズ売り場だったところに行くと、ああ、やはり、売り場は撤去。売り切れたか?それとも。。。と悲しい気持ちで、店内を一周すると、思わぬ光景を見つけた。

ありがとうTNAフェアのPOP

2017-02-28-01

以前からある威航グッズに加え、あっなんか増えている。よく見ると復興航空のグッズだった。しかも目をこらすと、復興航空が営業停止する直前で機内販売もまだ始まっていなかった空姐小熊のエアー枕まである。

2017-02-28-02

この3点セット(エアー枕・USB・タグ)は見逃せない内容。

2017-02-28-03

機内販売のカタログに載っていた空姐のフィギュア(松山機場で去年秋にはまだあったが、その後売り切れたのかなくなった)

2017-02-28-04

これもカタログに載っていた商品

2017-02-28-05

こちらは別のコーナーにあった、A320のモデル(店員の方に確認したところ、現品限りではなく、あと1セットあるとのこと)高額なので本日は購入に至らず、買ったしてどこに飾ればいいのか(汗)

2017-02-28-06

結局、復興航空の3点セットと飛行機型の貯金箱、威航のスーツケースベルト3点購入して、おまけに復興航空のクリアフォルダをいただいた。

松山機場の航空グッズ売り場でも、復興航空の商品を見なくなって久しい。復興航空は突然の営業停止だったので、威航のような正式なネット販売もないままに終わってしまった。FBでは出所不明のグッズの購入者を募る動きを何度か見たが、入手するのは躊躇した。そんなところに、まさか地元関空で復興航空の商品を購入できるとは思いがけなかった。

威航B-22316と再会

2016年11月、台東から台北に到着後、真っ先に向かったのが松山機場だった。復興航空運行停止の報はすでにニュースで知っており、松山機場のカウンターや機体に別れを告げるためだった。

ところが威航の機体を発見。9月30日のKIX-TPEラストフライトで乗ったB-22316だった。たしかKIX往復のあと、TPE-FUKがラストフライトだと思ったが、いつの間に松山にフェリーしていたんだろう?思わぬ再会に感涙。

2016-12-02-08

松山機場の展望ホールからは機体が真っ正面でうまく撮れず。文湖線が松山機場站に向かって大きくカーブする地点で動画を撮った。揺れる車内、窓ガラスの汚れ等でなかなかうまく撮れず、中山国中との間を二往復することになった。(汗)

2016-12-02-09

再見威航網站

先日サイトが消失していた威航のサイト。今日つないでみると、下記の表示が現れた。

ページソースを見ると、Titleは再見威航停止營運公告

2016-10-09-01

2016-10-09-02

威航の痕跡もないの!?

2016年10月4日、何気なく威航のサイトにアクセスしてみたら、こんな結果に。(泣)別れの余韻もなんにもありゃしない。

2016-10-04-01

下記の画像は、V airとFACEBOOKでググって見つかった@lovevairのアカウントのpost。なぜか、私のアカウントでログインすると、@flyvairjapanしか表示されない。そのため、最後のpostにコメントも書き込むことができない。地域限定のアカウントなのかな?

威熊未來抵叼位? 威熊(Vベア)の今後の身の振り方 涙を誘う。

2016-10-04-02

2016-10-04-03

V Air(威航)関空ー台北ZV209最終フライトに搭乗

2016年9月30日、威航(V Air)関空ー台北ZV209最終フライトに搭乗した。

関空展望ホールsky viewのショップに行ってから、チェックインカウンターに向かったので、気分は多少感傷気味だった。今日が最後かと思うと、カウンターまわりのVベアならなんでも写真に収めなくなった。もちろん係員の方には一言断ってから写真に撮ったが、ああ、あれもこれも明日からは見られないのだと思うと、胸にこみ上げるものがあった。

カウンター上部のモニターに映るVベア
チェックインから搭乗までの流れを説明する看板
手荷物サイズを測る計器に掲げられたVベア
カウンター上にある安全周知のカタログ・持ち込み不可の用紙などなど

搭乗券の裏側も、搭乗口で切り取られる前にと写真に収めた。

2016-10-01-09

搭乗口は3番、ちょうどすぐ隣のラウンジ「アネックス六甲」の窓側の席を確保し、威航が到着するのを待った。そしてちょうど、目の前を通り搭乗口に駐機するまでを映像に収めた。

2016-10-01-10

搭乗の機体のレジはB-22316。すでに何度か乗っている機体だ。

2016-10-01-11

事前に予約した機内食についたチーズケーキ。Vベアの焼き印が、ああ、目が潰れている(泣)

2016-10-01-12

Vベアとの撮影会スタート。今日は、卒業式姿のVベア。

2016-10-01-13

掰掰囉 威熊

2016-10-01-14

飛行中、コーパイさんの挨拶も最後のフライトを踏まえたもので、途中乗客の拍手が沸き起こった。関空―台北線に乗るたびに乗務していたチーフパーサーの梁さん(日本語堪能)とも少しお話ができた。また桃園機場到着後は、CA、機長等乗務員一同が前方扉に集まり、温かくお見送りをしてくれて、感動もの。1年後に再会できるように祈りつつ降機した。

関空展望ホールsky viewでV Airグッズを購入(2)

2016年9月30日、威航の最終フライト日、関空展望ホールsky viewで購入はタオルと白の化粧ポーチ。ブランケット兼クッションは、30日には買わず。これから台湾に行くのにもてあましそうだったので、30日帰国後、関空展望ホールsky viewに直行し買い足した(汗)

2016-10-01-08

V Air威熊小舖で買物、第二陣

2016年9月、ちょうど中秋節の直前にPchomeのV Air威熊小舖で購入。23日午後6時で販売終了の表示が出ており、最後のほうは在庫数を横目に、いつ最終購入をするか、また購入後に急な値下げがあったりと、振り回されることになった。威航の事前予約でおさえておきながら、在庫切れのため威航からキャンセルされた弁当箱を、こちらで無事ゲットできたのでよかった。

2016-10-01-07

関空展望ホールsky viewのV Airグッズが再入荷

ここのところ台湾行きは、夜便で飛んでいるため、関空展望ホールsky viewのショップにしばらく行けなかった。8月に行ったときには商品はかなり減っており、「商品の再入荷に努力しているが時期は未定」と張り紙が貼られていた。また、台湾のオンラインショップPChomeでの販売も終了しており、どの程度の在庫量かもし情報があればと、関空展望ホールsky viewをサイトをチェックしたところ、SkyShopTownの公式Instagramアカウントの情報から、9月1日から販売が再開されていることを知った。また、V Air公式グッズとは別に、KIX×ZV×台湾のタオルも販売していることを知った。

2016年9月30日の威航(V Air)の最終フライトを予約しているため、チェックイン前に関空展望ホールsky viewに立ち寄る時間がある。(下記の写真は、9月30日チェックイン前の午前10時頃と、10月1日虎航で午後3時過ぎに帰国後、関空展望ホールsky viewに立ち寄った時の写真が混在していることお断りしておく。)

黒板に書かれた「1年後に待ってるね」の手書きのメッセージとVベアの絵が涙を誘う。

2016-10-01-01

iPhoneのケースも入荷している。

2016-10-01-02

KIX×ZV×台湾のタオルは、さすが泉州タオルで品質はよさそうだ。

2016-10-01-03

2016-10-01-04

30日にはあったマスコットホルダーが無くなっていた。

2016-10-01-05

2016-10-01-06

KIX-V Airのコラボノートも1日に行くと見当たらなかった。ほとんど在庫限りの商品だと思うので、欲しい方は急いで関空へ。

V Air威熊小舖で買物、第一陣が到着

先日、運よく円高になった瞬間にポチッたV Air(威航)のグッズを受け取った。

2016-09-11-01

この買物の後に、威航から弁当箱が完売のためキャンセル連絡が来たり、今回購入のキーホルダーが値下がりしたりで、落胆することこの上ない。今は若干円安のため、V Air威熊小舖の在庫数にハラハラしながらもタイミングを狙っている。V Air威熊小舖の出方を見極めなければ(笑)

V Air威熊小舖が商品追加、大幅値下げも

V Air威熊小舖 PChome上にあるV Air(威航)グッズを販売している店舗。先月、航空機の模型を期間限定で値下げ販売していたが、今日見るとそれ以外の商品も何点か値下げし(「超殺↘降」の表示)、機内販売で在庫なしと言われたキーホルダーも、新たに追加されている。ただ、このV Air威熊小舖は台湾国内のみの発送で、支払いもクレジットカードは台湾発行のみ対応のため、日本からは利用できない。

PChome全球購物 こちらなら海外発行のクレジットカード対応で、日本にも発送可能とのこと。うれしいことに、台湾サイトと同じ価格で商品を購入が可能だ。 ちなみにV Airで検索した結果はこちら

機内で購入済の傘やマグが機内販売より安くネットショップで販売されているのが、ちょっと恨めしい。また値下げはうれしいものの、タイミング悪く円安なのがなんとも間が悪く、しかし購入するのは今しかない!

訂正:一覧に追加されたかに見えた商品は、2016/9/6 PM5:00現在、一部「尚未開賣」のため、購入できない状態だった。訂正いたします。