大同」タグアーカイブ

大同寶寶特攻隊

台湾のキャラクターといえば、札幌の雪祭りにも参加のOPENちゃんが有名だが、私にとっては大同寶寶はそれ以上の愛すべきキャラクターだ。

この大同寶寶のグッズが、2月1日から5種類1セット2990元(セット価格)で限定5000組発売された。

大同公司 大同3C獨家首賣《大同寶寶特攻隊》公仔組

蘋果日報 大同寶寶特攻隊 搭火箭限量出征

ネット上には続々入手の情報も上がっていて、2月末の台湾行きまで完売しないかドキドキだった。そして2/28、台北復南門市(復興南路一段158號)に向うと、店頭には下の写真のように、セット組した状態で山積みされていた。

2013-03-08-01

箱が意外と大きく、スーツケースに入りきらないため、中身だけ持ち帰ることに決めた。そこで、ホテルで最後の記念撮影。

2013-03-08-02

我が家に持ち帰った大同坊やにご満悦(^^)

2013-03-08-03

電鍋小物

2011年7月。電鍋用の小物を揃えに勝立生活百貨へ行った。

勝立生活百貨雙城店 台北市中山區雙城街21號

2011-07-08-01

  1. 6人份内鍋(厚)119元
  2. 6人份内鍋    90元
  3. 深菜皿(20cm) 85元
  4. 夾子(内鍋用) 55元
  5. 夾子(茶碗用) 40元

さあ、これで電鍋料理の腕に磨きをかけよう。

台鐵本舗(橋仔頭鐵道故事館)(1)

台鐵本舗(橋仔頭鐵道故事館)高雄市橋頭區站前街14號

台鐵橋頭站の改札をでてすぐにある。台鐵本舗は台鐵のいくつかの駅にあるショップの名前だが、この橋頭駅にある店は、橋仔頭鐵道故事館という別称も持っている。鉄道グッズのほか、駅弁も売っており、店内にある旧式客車の椅子に座って食べることができる。

2011-06-17-10

今回こちらで購入したのは、まず、「鐵道旅行 幸福100」という手帳だ。台鐵全駅の周辺観光地の簡単な説明と、台鐵弁当や鉄道記念品の割引優待券付き。この手帳に駅スタンプを押して収集するなり、旅の思い出を記録するなり、各自好きな楽しみ方がある。

2011-06-17-11

そしてもう一つこの店の特徴は、ちょっと懐かしいグッズを売っている。店内入ってすぐ左側の棚には、大同電鍋のミニチュア灰皿や大同寶寶型の瓶に入ったお酒、黒松沙士のグッズなどを販売している。その中から今回買ったのは、大同寶寶の鉛筆削り。赤と緑をゲット!

2011-06-17-12

会計の際に、日本から来たというと、記念に絵はがきをいただき、多謝。

台南で見かけた大同寶寶

2011年6月。台南の町を歩いていると、電気店の前を通りかかった。ふと店内を見ると、大同寶寶を発見した。こっそり撮った写真がこの一枚。

2011-06-17-08

2011-06-17-09

大同電鍋50周年紀念活動

先日購入した大同電鍋の記念サイト

2010-12-13-01

電鍋にまつわるブログ投稿を募集したり、記念バージョンの限定色の電鍋の発売も計画されている。うわー、欲しくてたまらない。

大同電鍋購入

11月末から恒例の台湾旅行へ行ってきた。今回は、南廻線と花東線の普快車の旅が目的だった。そしてもう一つ大きな目的は、大同電鍋の購入だ。台北の友人にお付き合いいただいて、品揃えのよい店で実物を前に、迷いに迷った結果、6人用を購入。3人用の小ぶりなものもあったが、デザインが今風で、あの電鍋のイメージから遠かったので、従来のデザインのものを購入した。

空港では、FRAGILEのシールを貼ってもらった。そして日本到着時、税関では、台湾にしか行っていないので、いろいろ質問を受けることが多いが、今回は「その鍋、台湾で買ったのですか?いくらでしたか?」と、なかなか注目の的だった。(違)

2010-12-04-01

うーん、見事なフォルム、赤が素晴らしい。

2010-12-04-02