台中」タグアーカイブ

店名不明(法國麵包)

2016年7月。久しぶりの台中泊、ちょうど日曜日だったので、台鐵台中車站から第一廣場付近は、東南アジア系の人たちであふれかえっていた。綠川西街の老舗・高家意麺や台中老牌香菇肉焿は今もあるものの、周辺は東南アジア系の料理店がにぎわっていた。

そのなかで、喉が渇いたので、フルーツジュースと、法國麵包(バインミー)を購入。

2016-07-27-01

法國麵包(バインミー)60元。温めたフランスパンに、冷たい野菜とハム、甘酸っぱいドレッシングのコントラストが際立つおいしさ。

2016-07-27-02

巧合大飯店

巧合大飯店 台中市中區建國路163號

2016年7月宿泊、一泊1367円。台鐵台中車站からすぐの立地で選んだ。すぐ背後には第一廣場もあり、スマホグッズを探すのに便利だった。

宿泊したのは女性専用フロアで、エレベータを降りて下駄箱があり、スリッパに履き替える。利用した部屋は、6人部屋のドミトリ。

2016-07-23-15

シャワーブースとトイレは室外に、フロアの共有部分にある。

2016-07-23-16

2016-07-23-17

朝食は地下一階のフロアで。飲料、パン、白飯、おかゆ、おかずも4品ほどとホテルとしては一般的な品揃えだった。

2016-07-23-18

2016-07-23-19

臺中市快捷巴士(臺中BRT)に初乗車

臺中市快捷巴士(臺中BRT) 臺中BRT藍線7月27日中午起開放搭乘

2014年9月、停留所は順次運用開始で、A01臺中火車站からA05茄苳腳まで乗ってきた。

2014-10-14-01

台鐵台中站の目の前には、台中BRTの停留所が新設されている。悠遊卡、一卡通、臺灣通、ETC卡をかざして入場する。(1年間は無料)

2014-10-14-02

ボランティアだろうか?笠を被った男性が、実に軽快なアナウンスで、乗客の乗降をさばいていた。

2014-10-14-03

台中駅前の交差点から停留所に曲がる地点では、車体の大きさを間近に見ることができる。

2014-10-14-04

停留所は、車体以上に、無駄に大きいような気がする。

2014-10-14-05

洪瑞珍中山店

中山路洪瑞珍餅店 台中市中區中山路125-2號

台中名物といえば、太陽餅と三明治。奇しくもどちらも、どの店が創業者か本家本元かわからない状態だ。

Randolph’s Trivia 「洪瑞珍」三明治,錯綜複雜許多分店

2014年9月、そのうちの中山店に行った。

2014-09-23-01

原味の三明治と、全麥を各1個。両方で49元。

2014-09-23-02

ハムと卵はどちらも薄くてボリュームはない。メインの食事というより、小腹空いたときに、つまむのによさそうだ。箱買いしたらきっとあっという間に平らげそうだ。

2014-09-23-03

2014-09-23-04

宮原眼科

宮原眼科 台中市中區中山路20號

2012年6月。土鳳梨酥で有名な日出グループが新たに開いたアイスクリーム店に行った。

2012-06-14-03

9:45頃到着。店の写真を撮っていると、前方にはすでに行列ができている。慌てて最後尾に並んだ。並ぶと程なく注文書が配られた。10時開店とともに少しずつ列が進んでいく。私の後方の列はどんどん長くなっていた。

2012-06-14-04

入り口を入ってすぐのところで、改めて店員さんが注文を取っていくれる。ここで自分の名前を言わないといけないので注意。

チョコレートアイス。

2012-06-14-05

フルーツアイス。

2012-06-14-06

お茶のアイスクリーム。

2012-06-14-07

トッピングの数々。

2012-06-14-08

そして私の会心の作(^O^) アイスは茘枝と芭楽、トッピングは南瓜子、土鳳梨酥と名札が付いていなかったので勝手に桃山(?)、そして付け合せには餅杯を選んだ。

2012-06-14-09

複数人数で来ている人たちは、先に表の席を確保して、アイスクリームの行列に並んでいるようだった。1人の私は購入後、表に出て、空いた席がないか探したがなし。結局正面玄関前の、柱の隙間に1人分のスペースを確保して、そこで写真撮影とアイスクリームを食べ始めた。

珈琲館站前店

珈琲館站前店 台中駅前すぐ

2002年6月。端午節の朝、お目当ての小吃店が休みだったため喫茶店へ行った。ウェートレスの奇妙なイントネーションの「いらっしゃいませ??」と「ありがとごじゃいました??」には背筋がゾクッとした。(笑)ピーナッツバタートーストにサラダとジュース、小吃の2倍の値段でこれかあ?もったいないことをした。

活力早餐90元

2002-06-15_09-49-12-3

新竹光復饅頭店台中東區分店

新竹光復饅頭店台中東區分店 台中市東區台中路125號

2002年1月。忠孝夜市に向かう途中で発見。日本の蒸しパンのようにふわふわしていなくて、ぎっしり身が詰まってどっしり重たい。引きちぎるのにも力がいる上、噛みごたえ抜群。

2002-01-17_21-07-55-23

芋頭饅頭1個10元

2002-01-17_22-23-11-24

状元米糕専売店

状元米糕専売店 台中市西區自治街9號之1(大全街口)

2002年6月。米糕は小さな器に入っているが、餅米なので結構ボリュームがある。これだけでおなか一杯になった。

2002-06-14_09-30-24-1

米糕(小)30元と貢丸5元
2002-06-14_09-32-44-2

古都虱目魚(2)

2002年6月。虱目魚の大きなお頭が二つ。お目々がじっと私をにらんでいるような気がしたが、食べないとお魚に悪いので1個頂いた。ゼラチン質でプルルンしていた。

2002-06-12_20-51-45-5

魚頭湯40元
2002-06-12_20-59-30-6

潤餅大王

潤餅大王 台中市南區忠孝路正氣街角

2002年1月。潤餅30元。忠孝夜市の中程、正気街角付近にある屋台。もやし、ニラ、そぼろ、お肉などたっぷり入っている。

2002-01-17_21-01-44-21

2002-01-17_21-01-54-22