Speedy Immigration Counterを利用した

2014年10月、先日申請したばかりの「常客証」を持っての訪台だ。桃園機場へ到着は深夜1時、どのカウンターも空いていた。Speedy Immigration Counterがどこかわからないこともあり、通常のカウンターを利用した。

そして出国時、いよいよの利用だ。T1で手荷物検査を終え、目の前に並ぶカウンターはどこを利用すればいいのだろうと、しばらく左右を見渡していた。きっとキョロキョロしていたので、不審に思った職員の方に声をかけられた。そこで「常客証」を見せると、赤い表示のカウンターだと教えていただいた。(通常の外国人用カウンターは緑の表示だ。)見ると一番右端にある。電光掲示板の文字はじっくり見ていないが、「商務外籍」の文字がチラッと見えた気がする。このカウンターの係員は、通常のカウンターより低いテーブルに坐っていた。

このカウンター、たまたま誰も並んでおらず、確かに処理が早い。名前の通り、Speedy Immigration Counterだった。

出入国時に迷ったら、キーワードは赤。これは重要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です