国際シンポジウム 「抵抗する芸術 戦後台湾のモダニティ・身体・ジェンダー」

国際シンポジウム「抵抗する芸術 戦後台湾のモダニティ・身体・ジェンダー」

シンポジウム事務局サイトはこちら。リンク先にポスターの画像ファイルあり。

日時:2014年7月15日(火) 10:00−17:10(9:30 開場)
会場:一橋大学 第3研究館3F研究会議室

プログラム
10:00-10:15 開会の辞 伊藤るり 黄英哲
10:15-10:25 ご挨拶  朱文清
《第一部》 蔡瑞月 映像と舞踊
10:25-10:35 洪郁如「蔡瑞月とその時代」
10:35-11:30 ドキュメンタリー映画上映
 『暗瞑ê月光─台湾現代舞踏先駆蔡瑞月(暗闇の月光─台湾モダンダンスの先駆者蔡瑞月)』監督:陳麗貴(2004年 台湾)
11:30-12:00 蔡瑞月作品の上演
 「傀儡上陣(あやつり人形参上)」 振付:蔡瑞月(初演1953年) 出演:荘媛婷、林智偉
《第二部》 フォーラム
13:30-14:45 「蔡瑞月が示してくれたもの」
 座長:星名宏修
 パネリスト:蕭渥廷、陳麗貴、李昂、石計生
《第三部》 研究報告 座長:陳培豊
15:00-15:15 中井亜佐子「近代芸術(モダニズム)、あるいは近代への抵抗」
15:15-15:45 石計生「張邱東松『台湾流行歌集』─戦後の歌仔本と台湾歌謡における日本イメージ」
15:45-16:15 石婉舜「近代劇場空間の誕生─日本植民期台湾における劇場の普及と特色」
16:15-17:00 質疑応答
17:00-17:10 閉会の辞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です