名古屋でドキュメンタリー上映・シンポジウム開催ほか

名古屋大学と愛知大学の主催で、2つのイベントが行われる。
詳細はこちら。(リンク先はpdfファイル)

石井漠・石井みどり・蔡瑞月とその時代──日台モダン・ダンスを拓く
日時:2014年7月12日(土)
会場:愛知芸術文化センター アートスペースA

プログラム
ドキュメンタリー上映13:40-14:35
『暗瞑ê月光:台湾現代舞踏先駆蔡瑞月(暗闇の月光─台湾モダンダンスの先駆者蔡瑞月)』 (陳麗貴監督2004年 台湾55分)
ダンス・デモンストレーション 14:50
「傀儡上陣(あやつり人形参上)」振付:蔡瑞月(初演1953年)ダンサー:荘媛婷、林智偉
座談会 15:10-16:10
「石井漠・石井みどり・蔡瑞月とその時代─日台モダン・ダンスを拓く」
 司会:唐津絵理 
 通訳:楊韜・劉霊均

国際シンポジウム「戦中戦後の身体芸術とメディア-台湾・日本・中国の連鎖」
日時:2014年7月13日
会場:名古屋大学文系総合館7Fカンファレンスホール
基調講演 10:00
北岡正子 
日本・中国・台湾の架け橋 詩人雷石楡─『沙漠の歌』『八年詩集』を中心に
《研究報告》

舞台の部 11:20-12:30
司会:洪淑苓 
石婉舜 近代劇場空間の誕生─日本植民期台湾における劇場の普及と特色
星野幸代 台湾現代舞踊における石井漠の系譜─軍事慰問団から白色テロまで
李時雍 台湾を造る─クラウド・ゲート・シアター「家族合唱」を例として

流行音楽の部 13:40-14:50
司会:西村正男
徐国源 “聴”こえて来たモダニティ─1930-1940年代の海派音楽と中国のモダニティ
石計生 張邱東松『台湾流行歌集』─戦後の歌仔本と台湾歌謡における日本イメージ
劉建志 五月天Mayday『第二人生』収録曲とミュージック・ビデオの間テクスト性を探る

映像の部 15:05-15:50
司会:晏妮
楊韜 緑島物語─陳麗貴監督ドキュメンタリー作品における戦後台湾の白色テロとその時代
錢錫生 近30年中国ドキュメンタリーの発展─あるドキュメンタリー・プロデューサーの観察

総合討論 16:00-17:00
司会:黄英哲 星野幸代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です