東部幹線、駅弁巡り

(紅玉のぼあきんぼあきんから転載)

2009年6月、台湾旅行の楽しみの一つは駅弁巡りだ。西部幹線は台鐵の駅弁だけだが、東部幹線は民間業者の駅弁が味わえる。その中でも、特に有名な福隆、池上、関山站の弁当を狙って、予定を組んだ。

まず、台北站を7:30発の自強号2031次で出発した。自強号は東北角の駅を通過するものが多い中で、この2031次はほとんど各駅にとまり、福隆站には8:34着。この駅では以前、区間車でわざわざ途中下車して弁当を買ったことがある。今回は駅ホームで、短い停車時間内に買わなくてはならない。ところが、売り子さんの数が少なく、私の乗った車両から2列車ほど向こうにやっと姿が見えた。この駅での停車は約2分、内心焦りながら、手を振って「便當」と声を上げて、アピール。ぎりぎり買えてほっとした。

2009-06-08-01

蓋を開けると、ご飯の上におかずがぎっしり敷き詰められている。自強号の中で、車窓の風景を楽しみながら、弁当を味わった。

2009-06-08-02

花蓮站には10:35到着。ここで、乗り換えの自強号まで約2時間、花蓮市内中心部に出てみた。乗り換えの列車は、花蓮站12:29発の自強号1079次。この列車は次の目的地、池上と関山站の両方に停まる。池上站には14:01着。到着前に、列車の乗降口にスタンバイ、ドアが開くと、目の前には売り子さんがいた。100元札を出すと、おつりの30元は準備万端、ビニル袋に入れて用意されていて、さすが!

2009-06-08-03

せっかく買った駅弁だが、次の関山站には10分ほどで到着するため、食べる時間の余裕がない。そのためしばらくお預け。そして、関山站14:14到着、ドアの前にスタンバイしたおかげで、スムーズに弁当を買えた。

2009-06-08-04

台東駅に14:39到着のため、この二つの弁当は食べずに、そのままホテルまで持ち込んで、遅いお昼ご飯となった。

パッケージを見ても、三者三様。駅弁巡りは満腹のうちに無事終了。(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です