公開シンポジウム「伝統と創意―台湾における原住民族工芸」

みんぱくで開かれる公開シンポジウム「伝統と創意―台湾における原住民族工芸」の詳細はこちら

日時:2014年3月30日(日)13:20~16:45
場所:国立民族学博物館 講堂
一般公開(参加無料/申込不要/定員450名[先着順])
主催:国立民族学博物館
協賛:台湾文化部「台湾文化光点計画(supported by Dr. Samuel Yin)」
協力:台北駐日経済文化代表処・台北文化センター

プログラム
13:20~13:30 館長挨拶 須藤健一(国立民族学博物館長)
13:30~14:00 「趣旨説明と講演者紹介」野林厚志(国立民族学博物館)
14:00~14:50 「タイヤル族の染織工芸」尤瑪達陸、弗耐瓦旦(野桐工房)
15:10~16:00 「パイワン族の刺繍工芸」陳利友妹(陳媽媽工作室)
16:00~16:45 「台湾原住民族工芸の現在、そして未来」林志興(国立台湾史前文化博物館)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です