史学雑誌 第122編第10号

本ブログでも以前取り上げた紀旭峰著『大正期台湾の「日本留学」研究』が、書評で取り上げられている。評者は洪郁如。

史学雑誌 第122編第10号」への1件のフィードバック

  1. 早稲田大学政治経済学部の梅森直之教授も、この本の書評を執筆した(『日本台湾学会報』2013年)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です