銀行口座の開設(1)

2002年頃、外国人もパスポートだけで口座開設できた頃、友人の住所を借りて台湾銀行で口座を開いたことがある。

以下、当時の旅記録より 2002年6月13日鹿港–彰化

今朝は銀行口座開設にいくつもりだ。これが今回の台湾旅行で一番の山場だ。口座開設カウンターの服務員は年輩のベテラン女性ばかり。外国人の口座開設マニュアルを見ながら、大きな帳簿を引っ張り出して名前や口座番号を書いていく。そして念願かなって通帳を受け取ったときはとても嬉しかった。キャッシュカードを作りたかったので、「金融卡も作りたい」というと別の申請用紙を出してくれた。用紙に記入するとなにやら受け取り日のことを話して出した。よく聞き取れなかったので紙に書いてもらうと、「受け取りは1週間後に、身分証明書と印鑑と通帳を持って来るように」だった。え、えっー(汗)1週間後、そんなの無理。。。あわてて「もし1週間後に来れなかったら、代理人で受け取れるのか?」と聞くと、「不行」と即答。なぜならパスワードの設定があるからということだった。そういえば申請用紙にはパスワードを書く欄がなかった。わたしの困った様子に、服務員が紙に書き足してくれたのは「或2ヶ月以内」。これを見てようやく安堵したわたしは銀行をあとにした。外に出るとどっと疲れが出てきた。銀行では1時間近く過ごしたようだ。それでも歩くわたしの頭の中には「1週間後、2ヶ月以内」の文字が渦巻いています。ど、どうしよう。。。

2002年7月にキャッシュカードを受け取りに再訪した。こうしてせっかく開いた口座だが、その後事情があって鎖戸してしまった。

それ以来長いこと口座なしでやってきたが、ここに来て口座を開く方法があると知り再度チャレンジすることにした。

    口座開設で候補に挙げた銀行
     

  • 國泰世華銀行 台北捷運站ごとにATMがある。南部にも支店が多い。キャッシュカードは即日発行。
  • 中国信託銀行 7-11にATMがある。キャッシュカードは即日発行。
  • 兆豐國際商業銀行 桃園機場にATMがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です