20世紀前半の台湾: 植民地政策の動態と知識青年のまなざし

20世紀前半の台湾: 植民地政策の動態と知識青年のまなざし
20世紀前半の台湾: 植民地政策の動態と知識青年のまなざし

編集: 塩山正純
出版社: あるむ
ISBN-10: 4863331509
ISBN-13: 9784863331501
発売日: 2019/2/12

明治末年徳島県における台湾移民の送出
──北海道、朝鮮そして台湾………荒武達朗

日本統治末期、義愛公像の虚実
──志村秋翠『明治の呉鳳』と國分直一
「義愛公と童乩と地方民」をめぐって………土屋 洋

中華民国の“戦後”構想
──「台湾化」の序章としてのアプリオリ………加治宏基

「敗北者になりたい」
──二人の台湾詩人の「1949」………黄 英哲

『大旅行誌』にみる二つの植民地主義
──悪しき西洋型と善き日本型………岩田晋典

書院生の台湾旅行の記録にみる「台湾」像………塩山正純

『東亜同文書院大旅行誌』の食の記述にみる近代日本青年のアジア観
──台湾の例………須川妙子

東亜同文書院生が見た台湾の神社
──1910年代~1930年代………加納寛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です