花蓮の街を散策

2018年3月の台湾行き、花蓮に一泊した。peachの早朝便で出発、台北駅にはお昼ごろ到着。用事を済ませてから花蓮へは、葛瑪蘭客運の「台北ー羅東ー花蓮鐵公路聯運票」で移動。羅東ー花蓮は区間車乗車となるが、222元で移動できる。

花蓮駅から東大門夜市まで歩いた。中山路、中華路、中正路の黄金の三角地帯も含めて、のんびり食べ歩きをした。

まず、以前宿泊したことがある花蓮駅前の洄瀾窩青年旅舍。緑の壁面には「平安、花蓮」の垂れ幕が掛かっていた。

倒壊の統帥飯店は撤去され、駐車場になっていた。

古くからある金龍大旅社の建物は健在。

中山路

日も暮れてくると、提灯に灯りがともり、華やかになる。

公正包子店

周家

廟口紅茶

Caffe Fiore咖啡花

液香扁食

戴記扁食

五覇焦糖包心粉圓

この他にも、花蓮縣餅菩提餅舖、阿美麻糬、曾記麻糬、德利豆乾など老舗が通常通り営業中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です