日記文化から近代日本を問う 人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか

日記文化から近代日本を問う 人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか
日記文化から近代日本を問う 人々はいかに書き、書かされ、書き遺してきたか

編集:田中祐介
出版社: 笠間書院
ISBN-10: 4305708884
ISBN-13: 9784305708885
発売日: 2018/1/12

第Ⅴ部 「外地」で綴られた日本語の日記
14章 植民地台湾の知識人が綴った日記─黄旺成日記にみる読み書きの実践と言語選択─(大岡響子)
1 はじめに
2 黄旺成の経歴と日記
3 黄旺成のリテラシー獲得と教育機関
4 黄旺成日記にみる「書くこと」と「読むこと」の実践
5 読む言語と書く言語の変遷
6 むすび

出版社サイトの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です