関空展望ホール「ジャンク市」(ミニ版)で買い物

2017年9月29日(日)開催予定のKIXエアラインコレクターズマーケットとジャンク市(ミニ版)、台風22号が近づくなか開催が危ぶまれていたが、前日に開催決行が発表されたので、当日午前中に行ってきた。

開始30分前には現地到着したが、すでに行列ができており、最後尾はホールの外まで延びていた。10人ずつの入場制限がかけられており、順番待ちの間、目当ての商品がどんどん買われている様子を見るのは、心臓によくなかった。

私もようやく会場に入ることができ、復興航空のグッズを購入。ノート、2013年のカレンダー、トートバッグ、ボールペン、モバイル用ケーブル収納板など。どれも復興航空のロゴが入って貴重品ばかり。

ジャンク市とは別に、通常のショッピングフロアに行くと、威航のグッズはかなり減っていた。そのなかから未購入の下の三点を購入。

復興航空のA330-300(1:130)の模型もついに購入。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です