懐かしい復興航空と威航の旅(2) 復興航棧編

桃園機場で離発着時、チラリと見える復興航空の機体に胸が締め付けられた。松山機場にもまだ機体が残っていたはずと、観景台に向かった。

エレベータ内の表示にびっくり! 3階は確か、伯朗咖啡だったはず。

久しぶりに見る復興航棧とTransAsiaのロゴが懐かしい。

空港内に残された3機を十分に眺めたあと店内に入った。狭い店内ながら、パンとお菓子、飲料の販売、イートインもある。店内から機体まで遠いが、視線の先に機体が3機あるのだと思うと切なくなった。

こちらは、台北市鄭州路139號にある復興航棧は店名が中保無限家に変わっていた。復興航空が運航停止する遥か以前に、復興航空から中信保全グループに変わっていたので仕方ないか。営業日については、土日は営業時間は短いながら毎日営業に変わっていた。

パンを入れてくれた袋にまた涙。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です