台湾文化光点計画連続講座「台湾の飲食文化」

国立民族学博物館のイベント 台湾文化光点計画連続講座「台湾の飲食文化」

7月17日(月・祝) 「客家料理とは何なのか?――台湾から考える」
講師:河合洋尚(国立民族学博物館)
「台湾で客家料理と呼ばれる飲食物にはいかなる特徴があるのか、グローバルな視点から見つめ直します。」

8月20日(日) 「伝統?健康?――原住民族の食文化」
講師:野林厚志(国立民族学博物館)
「台湾の健康ブームも手伝い、注目を浴びている原住民族の人たちの伝統的な食品や料理を紹介します。」

9月16日(土) 「阿宗麺線を食べたことがありますか?――台湾鰹節の歴史」
講師:林淑美(関西学院大学)
「日本統治初期にカツオすら食材としてあまり用いられていなかった台湾で、鰹節を製造・食用するようになった。その歴史の展開を追ってみます。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です