台北市の市バス路線図(1)

台湾に行き始めた頃は、捷運(地下鉄)はまだ開通せず、あちこちで道路を掘り起こし、いつ行っても工事中。ずっと工事は終わらないのかと思うほどだった。そのため台北市内の移動の足は市バスだった。路線は複雑で、いくつか出版されている中から「大台北公車手冊」(大輿出版、100元)を買った。

2007-11-18_20-25

この地図のよいところは、1系統1ページで、各ページに東西南北の記号が入っている。バス停の配置も通りの向きにあわせているので、いまどの方向に向かっているかがわかりやすい。

2007-11-19_21-01

まだ慣れない頃は、信義幹線や忠孝幹線を中心に乗って、その後、路線図を頼りに、台北から汐止、板橋、中和、新荘とバスで移動するようになった。行き当たりばったりに乗って、思わぬところで角を曲がったため、あわてて次のバス停で降りたのも楽しい思い出だ。

だんだん台北より地方を回ることが多くなり、路線図も買い換えぬままになっていた。そのうち捷運(地下鉄)が開通し、路線の廃止や新規路線で、手元の路線図はすっかり情報が古くなってしまった。また、地下鉄で移動するほうが時間のロスも少なく、すっかり市バスから遠ざかってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です