台北捷運の單程票

2007年6月ひさしぶりの台北で地下鉄に乗ろうと切符売り場に行くと、なにやら看板が立っている。よく読まずに今まで通り券売機で切符を買ったら、あら?切符が出てこない。お釣りを手にとって怪訝な顔をしていると、なにやら看板を指さしながら私に話しかけてくる人がいた。落ち着いてその看板を見ると、今までの磁気カード式の切符からICチップ入りのコインに変わったらしい。

2007-06-01_17-55-52-20

自分の手のひらをみるとお釣りだと思った中に確かに青いコインがあった。どうやらこの人は、私と同じように慣れない人に説明するためのボランティアか駅員らしい。親切に改札を通る方法も教えてくれた。

2007-06-01_17-57-47-22

買い方は今までと同じ手順だ。行き先ごとの料金を選んで、お金を入れて、最後に切符とお釣りを受け取る。

2007-06-01_17-55-44-19

改札は、乗るときは自動改札のIC読み取り部分にかざして、降りるときはトークンの挿入口があるのでこちらに入れる。
2007-06-01_17-56-01-21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です