威航B-22316と再会

2016年11月、台東から台北に到着後、真っ先に向かったのが松山機場だった。復興航空運行停止の報はすでにニュースで知っており、松山機場のカウンターや機体に別れを告げるためだった。

ところが威航の機体を発見。9月30日のKIX-TPEラストフライトで乗ったB-22316だった。たしかKIX往復のあと、TPE-FUKがラストフライトだと思ったが、いつの間に松山にフェリーしていたんだろう?思わぬ再会に感涙。

松山機場の展望ホールからは機体が真っ正面でうまく撮れず。文湖線が松山機場站に向かって大きくカーブする地点で動画を撮った。揺れる車内、窓ガラスの汚れ等でなかなかうまく撮れず、中山国中との間を二往復することになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です