舊草嶺隧道

舊草嶺隧道(全長2,167m)は、福隆から石城に到るトンネルで、1986年に新しく新草嶺隧道が建設されたあと、長い間封鎖されていた。これを観光資源として自転車用トンネルとして再運用している。封鎖されていた当時の写真などは、下記のブログに詳しい。

Tony的自然人文旅記(730) [台北貢寮] .舊草嶺隧道

東北角暨宜蘭海岸國家風景區觀光資訊網 舊草嶺隧道

季節によって開放時間が異なり、歩行者は平日のみ入場可能。

2015年11月、草嶺古道の後、大里站13:47の区間車に乗車して、石城站へ移動した。無人駅なので、悠遊卡はしっかり端末にタッチすべし。

2015-12-02-49

駅を出て、濱海公路(台2線)をそのまま北上。石城漁港へ降りる道を右折すると、舊草嶺隧道南口という案内板があるので、そのまま進むと線路をくぐる。舊草嶺隧道南口より南は鉄路沿いに公園になっており、海岸の風景を眺めるのに適している。

2015-12-02-50

2015-12-02-51

2015-12-02-52

公園のモニュメント

2015-12-02-53

2015-12-02-54

左側が現在使われているトンネル、右側が自転車用のトンネル(舊草嶺隧道)

2015-12-02-55

トンネルに出入りする列車を間近に見ることができる。 音とスピードとかなりの迫力だった。

2015-12-02-56

14:25、トンネルに入る。舊草嶺隧道の南口に掲げられた扁額「白雲飛處」は、台湾総督府総務長官賀來佐賀太郎の書。

2015-12-02-57

南口付近はゆるやかに左折している。

2015-12-02-58

左折を過ぎると、あとはひたすら直進。

2015-12-02-59

トンネル内では、宜蘭県の童謡「丟丟銅仔」が流れていた。

2015-12-02-60

トンネル内で、宜蘭県と新北市の境を越えた。

2015-12-02-61

14:48、トンネルを通り抜けた。北口に掲げられた扁額「制天險」は、台湾総督府鉄道部長新元鹿之助の書。

2015-12-02-62

北側入口付近も公園になっていて、モニュメントが置かれている。

2015-12-02-63

2015-12-02-64

2015-12-02-65

写真を撮っていると、再び雨が降ってきて、あっという間に雨脚はきつくなった。ここから福隆站まで約2km、一本道の道路脇には黄色い線が引かれているので、道に迷うことはない。15:15、福隆站到着。 雨のため、吉次茂七郎紀念碑に立ち寄ることができなかった。

2015-12-02-66

普段から2kmくらいはよく歩くので、トンネルを歩くのは負担とは思わなかった。但し、延々と景色の変わらないトンネル内は単調で、往復歩くのはつまらないだろうと思った。今回は、草嶺古道と組み合わせるため、南から北に抜ける片方だけにしたのは、結果的にいい選択だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です