台湾文化光点計画学術公演「伝統と創意――台湾客家の工芸と音楽」

台湾文化光点計画学術公演「伝統と創意――台湾客家の工芸と音楽」

日時:2015年11月28日(土)13:00 – 16:50
場所:国立民族学博物館 講堂
一般公開(参加無料/申込不要/定員:450名[先着順])

13:00 – 開場
13:30 – 13:40 開会挨拶  須藤健一(国立民族学博物館館長)
朱文清(台北駐日経済文化研究処顧問)
13:40 – 14:00 趣旨説明  河合洋尚(国立民族学博物館助教)

第I部 客家の工芸
14:00 – 14:35 美濃紙傘の紹介と製作実演 李明祥(美濃李家傘廠製傘師匠)
14:35 – 15:10 客家藍染の紹介と製作実演 洪静文(三分顔色布工房代表)

第II部 客家の音楽
15:25 – 16:45 客家八音の紹介と演奏 美濃竹頭背客家八音団(鍾彩祥、鍾兆生、呉佩玲、黄沛文、劉瑞梅)
客家歌謡の紹介と歌唱 羅思容与孤毛頭楽団(羅思容、黄宇燦)

16:45 – 16:50 閉幕挨拶  野林厚志(国立民族学博物館教授)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です