洄瀾窩青年旅舍

洄瀾窩青年旅舍 花蓮縣花蓮巿國聯一路83號

2015年11月、一泊1,629円。花蓮車站から見える緑色のビルがこのホテル、歩いて5分もかからない。到着が何時になるか読めなかったので、駅前を選んだ。

女性4人のドミトリ。ベッドの足元は狭く、一人がスーツケースを開けると足場がなくなる。ロッカーには掛け布団が入っていたが、奥行きが浅くてスーツケースは収納できなかった。

2015-11-11-01

枕元のロッカーは小物やバックを入れるのに最適だった。

2015-11-11-02

枕元の電源は、まさかのBFタイプ。海外に行くときは、念のため台湾と香港用のアダプタは持ち歩いているので問題無し。

2015-11-11-03

エレベータホールの壁に書かれた花蓮の地図。

2015-11-11-04

朝食付きだが、内容は食パンとコッペパン、ハムとチーズ、飲み物という簡単なものだった。なお使った皿や器は自分で洗って片付ける必要がある。翌日は花東線巡りをしてから羅東に移動のため、早朝チェックアウト後、午後まで荷物を預かってもらった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です