2000年3月25日 天馬茶房

MLのtaigubangからのおしらせで「天馬茶房」が2月26日より、台北、ハワイ、LAで公開されると知って以来、今回の台湾滞在時まで打ちきらないで、と毎日祈りつつ内心はらはらしていた。おまけに「天馬茶房」が、台湾映画は1週間でうち切りという定説を破って3週間目に突入、というメールニュースを見たのが先週のことだった。このままぜひ4週間目に突入してくれ、との願いを胸に旅立った。

到着後台北ウォーカーで上映館をチェックしたが載っていない。@@;うわー、やっぱり打ちきったか?と不安な気分だった。一緒に映画を見に行こうと約束していた台北の友達が新聞で上映館を調べてくれていたので、やっと念願かなって見ることができた。台北西門町の絶色影城でPM5:30からの回に間に合った。日本とは違い映画のパンフレットやポスターの販売はなし。壁にポスターが貼ってあったので「売ってるの?一枚頂戴」と聞くと、販売はしていない。あきらめきれずに「ポスターの写真を撮ってもいいですか?」と聞くとそれもダメとのことだった。それにもかかわらずこっそり望遠で写真を撮ったため、ピンぼけしてしまった。

movie_03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です