「飯店」カテゴリーアーカイブ

聽火車

台南聽火車旅遊住宿資訊站 台南市北區北門路二段4號2F

台鐵の台南車站にある車站宿舍を改装して民宿としてよみがえったというニュースを見たのが、2017年2月頃だった。

鐵道迷必住!台南車廂主題民宿 邀你來「聽火車」
「睡在列車裡吧!」穿越時空的車廂主題民宿開進台南

当初はどのサイトから予約できるのかよくわからず、宿泊が延び延びになってしまったが、ようやくExpediaから予約し、念願かなって宿泊した。ちなみにExpediaでは「台南トレイン サウンド – アダルト オンリー (聽火車) Tainan Train Sound – Adult Only」という名だった。

2017年6月利用、二泊で4050円。台湾への予約したCX便が約2時間遅れて出発したため、台鐵台南
車站到着は午後6時頃。駅出口を出て左側、トイレ、レンタルバイク店のすぐ並びにある民宿の入り口に向かった。

以前、昼間台南に立ち寄ったときと同じく扉が閉まっている。まずは看板の写真を撮っていると、レンタルバイク店のご主人が、鍵はあるのか? 扉を開けるパスワードは知っているのか? と聞いてくれた。持ってないですというと、扉のすぐ左側の壁に、民宿の管理人さんの名前と携帯番号が貼ってあるから、連絡するようにと教えてもらった。

2017-06-19-01

電話した時点では、てっきり民宿の2階にいるものと思っていたら違った。しばらく待っても降りて来ないなあとやっと事情が呑み込めたころに、管理人の青年がバイクに乗ってやってきた。

重たい扉を開けるには、この数字の所にキーを当てるとのこと。

2017-06-19-02

扉の裏側。狭い廊下を少し先で曲がると、下駄箱があるのでここでサンダルに履き替える。

2017-06-19-03

履き替えたら、狭い階段を上る。

2017-06-19-04

2階に上ると、すぐにロビー。見ての通りの一通りのものがそろっている。チェックアウトは、この机の上に鍵を置いて出て行くことになる。

2017-06-19-05

肝心の鍵は、鐵迷の心をくすぐるものだった。黄色いプラスチックの所を、扉に当てるといいわけだ。

2017-06-19-06

2017-06-19-07

部屋は、女性専用、男性専用、ミックスの3室。ざっと見せてもらったが、どれも2段ベッドで8人泊まれそうだった。室内の装飾は目玉の列車のデザイン。ベッドはゆったり、2段ベッドだが、天井までは高く圧迫感はなし。鍵はドミトリの扉用だった。各部屋の扉の鍵はなし。

2017-06-19-08

2017-06-19-09

クーラーと天井には大型扇風機が設置してあった。夜間はクーラーで冷やして、扇風機で風を回して、暑い夏の台南を乗り切れた。

2017-06-19-10

ロビーの反対側に行くと、隅のほうに、シャワー、トイレ、洗面所が、女性用、男性用と3つ位ずつある。完全に分離されてはおらず、出入り口は一か所にまとまっているので、使うときは他に人がいないか緊張した。

2017-06-19-11

男性専用ドミトリの部屋から、ベランダ(ビルの2階部分)が喫煙場所とのこと。そしてこの狭い隙間から見えるのが、台南車站のホームだ。

2017-06-19-12

こちらは、逆に駅ホームから民宿側の2階の写真。

2017-06-19-13

列車の発車ベルを堪能できる。
夜間、民宿の管理人は不在。
二泊目、部屋に戻ると、ベッドメイクをしてくれていた。これは予想外にうれしい出来事だった。
ドミトリ各部屋は、室内からは鍵をかけられるが、開けるための鍵はない。
幸い、宿泊した期間中、女性ドミトリは私一人だったので、室内から鍵をかけて就寝した。男性ドミトリも数人だけ宿泊していたようで、利用が被らず、トイレ、シャワーとも好きな時に使えた。でも深夜にトイレに行くときは多少緊張した。

真心4U青年旅館

真心4U青年旅館 台北市開封街一段37號5樓

2017年3月、2泊で4404円。8ベッドルームのドミトリ。ベッド周りにカーテンはあり。

2017-03-30-07

シーツと枕カバーは毎日新しいものに替えてくれた。

2017-03-30-08

枕元の電源。

2017-03-30-09

ロッカーがないので、スーツケースはベッド横に置かざるを得なかった。幸い下の段のベッドだったので荷物には常に注意を払えたが、上の段だと荷物の出し入れにも不都合があっただろう。向かいのベッドとの空間で、中型スーツケースを開ける余裕はあったが、同時に二人がその作業は無理だろうと思う。

フロアの奥に、女性用のトイレ・シャワー室があって、トイレは3つ、シャワーは1つ。それとは別に洗面台が1つあった。

西子灣快樂角背包客棧

西子灣快樂角背包客棧 高雄市鼓山區哨船街95號

2017年2月、3泊で3477円。228の連休前にもかかわらず、激安だったのと、哈瑪星というお気に入りのエリアのため予約した。西子湾車站到着は20時半ごろ、そのままホテルに向かったが入り口がわからず、隣の美容院で場所を確認した。1階のイタリアレストランは改装中で、扉には鍵がかかっており、電話連絡をしないといけないか?と思ったところ、幸い1階にいた人が気づいてくれた。

2017-03-30-01

6人ベットのドミトリ。ベット周囲にカーテンはなし。コインロッカーには、シャンプー・タオル・ミネラルウォーターが用意されている。

2017-03-30-02

エレベータはなし。2階の踊り場に、部屋ごとの宿泊客の名前がホワイトボードに書かれていた。

2017-03-30-03

翌朝、1階に降りてきたときの様子。

2017-03-30-04

係員がいないときはドアは施錠されている。ドア左側にあるボタンを押して解錠するが、ボタンを押してからドアを開けるタイミングがうまくつかめず、このまま外に出られないのかと内心焦った。

2017-03-30-05

ドアの右側、窓際には、施錠されている時間帯にチェックアウトする場合、鍵を入れておく籠が用意されていた。

2017-03-30-06

トイレとシャワー室は各階に二つずつ。フロアの隅の同じ場所にある。宿泊階にかかわらず、他の人が使用中で使えないときは、他の階のを利用してよいと書かれていた。トイレとシャワー室の床が常に濡れていて、何度か滑りかけた。足下にはかなり注意していたが、転倒は免れたものの危険だった。

下一站台北 站前店(2)

2016年12月宿泊、一泊1,435円。

立地と設備の良さに、すでに何度も利用している。その時々で朝食ありなしなどプランはバラバラだが、なしのプランの時は、チェックイン時に料金追加すれば朝食付きに変更できるけどどうする?と聞かれていた。ところが今回も朝食なしのプランだったが、チェックイン時に「來過了嗎?」と聞かれ「來過了」と答えると、宿泊に際しての注意等は省略の上、早餐券を渡された。あれ?と思いながらも、ありがたくいただいた。

ここの朝食は、他のドミトリーの食パンと飲み物だけというのとは大違い。同じビル内の台北日記旅店と共通なので、メニューが盛りだくさん。温かい料理も何種類かあり、個別に麺料理も注文できるリッチな内容だ。

2016-12-25-06

生野菜のサラダ以外に、火の通った温かい野菜料理があるのがうれしい。

2016-12-25-07

2016-12-25-08

2016-12-25-09

2016-12-25-10

2016-12-25-11

2016-12-25-12

2016-12-25-13

ご飯、おかゆ、パンもそろっていて、朝から満腹になること請け合い。

台北輕旅

台北輕旅 新北市板橋區館前東路13號4樓之2

2016年11月、一泊1081円。ビルの1階7-11の脇にビルの入り口がある。前方に守衛室が見えるが、守衛室を前方に見て右側、7-11のすぐ裏側にあるエレベータを利用する。守衛室の左奥にあるエレベータは別棟につながっている。どうやらこのビルは上階は別棟になっているようで、必ず右側にあるエレベータに乗るべし。間違って左奥のエレベータに乗って、ホテルがない!?と戸惑った(汗)

2016-12-02-05

2016-12-02-06

2016-12-02-07

女性専用エリアにシャワーブースが2カ所、トイレは女性専用エリア外にあり、共用スペース内に洗面所、共用トイレ、男性用シャワールームが一カ所にまとまっている。ちょっとトイレが使いにくかった。朝食はロビーにある食パンとドリンクを自由に取っていいとのことだった。

注意点はチェックイン時刻。日曜から水曜は15時、金土は17時。うっかり15時過ぎに現地到着し、どうなるかと思ったが、部屋の用意が調っているのでとチェックインできた。

旅人驛站鐵花光點館

旅人驛站鐵花光點館 台東市中山路414號

2016年11月、二泊2731円。鐵花村、台東客運轉運站に隣接しており、最高の立地だ。予約は10beds roomのドミトリーだったが、シングルを案内されてラッキーだった。2016年2月に開業のまだまだ真新しく、室内は快適だった。唯一の難点はエレベータがないことか。今回はスーツケースの中身は軽い状態だったので、4階までの上り下りは問題なかったが、お土産等を詰め込んだあとは、足下注意が必要。

2016-12-02-02

ベッドの足下には、スーツケースを開けるのに十分な余裕があった。

2016-12-02-03

浴槽はなし、シャワーのみ。

2016-12-02-04

カウンターで配布の台東市街地図を見ると、台東では旅人驛站&窩客INNが系列店として展開している模様。

旅人驛站鐵花光點館 台東市中山路414號
旅人驛站中正藏書館 台東市中正路392巷15號
旅人驛站鐵花文創館 台東市中山路402號(以前宿泊した馨園商務旅店が廃業しており、このビルを改装中だった)
窩客INN一窩 台東市漢中街161巷10號
窩客INN二窩 台東市漢中街215巷15號

西悠飯店

西悠飯店 台北市大同區民生西路198號

2016年9月、一泊1477円。ビルの1階は市場、またビルを出てすぐ西側に寧夏夜市という好立地で、食には困らない。カウンターで100元保証金を払ってベッド枕元にある収納ボックスの鍵を借りる。ベッド周りにカーテンがないのがちょっとつらいところ。

2016-12-02-01

窩客旅館

窩客旅館 台灣台北市公園路13號9樓

2016年8月、一泊2638円。早朝桃園機場到着、翌日朝便で帰国のため、立地は台北駅付近、そして寝不足解消のためドミトリではなくシングルを探した結果、出発直前だったのであまり選択肢はなかったが、奇跡的に見つかった。

チェックインカウンターは9F、そして同じフロアが女性専用フロア。8Fが男性専用フロアのようだった。チェックインカウンター奥に、飲食可能のスペースがある。宿泊スペースへの出入りはカードキーを使う。

2016-09-10-01

シングルルームは極めて狭小。ドアを開けるとすぐ目の前に椅子とテーブル。スーツケースならベッドの上で広げるしかない。モバイル端末を充電するスペースもあり、狭いながらも一人で気兼ねなく過ごせたので、しっかり睡眠をとれた。この部屋に向かう廊下には、ドアとドアの間隔がもっと狭い箇所があったのでおそらくそこは畳部屋かと思われる。

2016-09-10-02

トイレはこのフロアに3か所。

2016-09-10-03

シャワールームの数は余裕があった。

2016-09-10-04

洗面所。

2016-09-10-05

建山大旅社

建山大旅社 台北市大同區歸綏街182號

2016年7月宿泊、一泊3732円。大稻埕に位置し復古調の大旅社として、前々から気になっていたが、ようやく宿泊した。

特色獨享單人房 二段ベッドの下にミニテーブルや冷蔵庫など。室内の狭さはどうしようもなく、今回はリュックサックだったので問題なかったが、スーツケースを広げる余裕はない。

2016-07-23-26

2016-07-23-27

2016-07-23-28

2016-07-23-29

2016-07-23-30

扉を開けると、扉の目の前がシャワー、右奥がトイレ。

2016-07-23-31

階ごとに時代設定があり、各階廊下と階段踊り場に特色あるイラストが描かれている。

4階廊下

2016-07-23-32

2016-07-23-33

4階と3階の踊り場

2016-07-23-34

3階

2016-07-23-35

3階と2階の踊り場

2016-07-23-36

2階

2016-07-23-37

2階と1階の踊り場

2016-07-23-38

1階フロントの奥

2016-07-23-39

館内どこもこだわりのインテリアでまとめられており、とても味わいのあるホテルだった。ただ、エレベータはなし、古い建物のため、階段は急、幅は狭くまた踏み面も狭い。リュックサックのみとはいえ、4階まで上がるのは大変だった。スーツケースを担いで上がるのは注意が必要。

太魯閣阿魯娃海灣民宿

太魯閣阿魯娃海灣民宿  花蓮縣新城鄉順安村北三棧122號

2016年7月宿泊、台中ー武嶺ー花蓮横断ツアー参加者のうち、女性4人で一部屋、一人2000元。

2016-07-23-20

トイレシャワーは室内に一か所。

2016-07-23-21

ホテルの全景。西側は山、東側は海の絶景だ。

2016-07-23-22

こんなにおしゃれな朝食はおそらく初めての経験。

2016-07-23-23

ホテル前の防風林を通り抜けると、目の前は海。まるでプライベートビーチのようだった。朝食前に海辺を散策した。

2016-07-23-24

2016-07-23-25

波の動画を撮ったので挙げておく。

MOV_0167