V Air(威航)の魅力考

2016年8月、V Airの最終運行日の予約は取ったが、それまでに台湾へ飛ぶ用事もあったので、TPE-KIXのZV208に搭乗した。最後のフライトまでまだ1か月あるものの、全面運航停止の報を聞いた後だけに、機体の威熊を見ると、胸を打つものがあった。

自分が搭乗する機体ではないが、ちらりと見える威熊、どんな角度でみても自己主張がはっきりしていて、自然と写真に収めなくなるのはなぜだろう?

2016-08-23-01

今回、搭乗口はB1Rのため、バスで機体駐機場まで移動だった。そのおかげで機体の写真を撮る余裕があった。間近に威熊の写真を撮った。

2016-08-23-02

2016-08-23-03

機内ももちろん威熊一色。復興航空から譲り受けた機体なので、他のLCCと同じA321やA320とはいえ、座席の前後にゆとりがあるのがよい。

2016-08-23-04

当初は、復興航空好きから始まったV Air押しだったが、自然とファンになってしまった。そんなわけで、V Airの魅力って何だろうな?と、自分なりに書き留めてみる。

  1. キャラクターの威熊が超萌。台湾観光業界のキャラクターに熊を採用するケースは多いが、その中で一番可愛いのは威熊だと思う。
  2. グッズ販売が広範囲
  3. CAの非常用設備の説明では、身振り手振りが一ひねりあり、パフォーマンスの後に、拍手が沸き起こるのはV Airだけだと思う。(V Airに2度搭乗したが2度とも拍手が起きた)他の航空会社では体験なし。また、背後に流れるアナウンスも表現豊かで、その一例としては、酸素マスクの説明時に「慢慢吸」を「ま~ん、ま~ん、しぃ~」とゆっくり言う。
  4. 中国語アナウンスの語尾に、喔、 唷、 囉をつけることで親しみやすい。
  5. 日本路線が多いためか、親会社の復興航空より日本語アナウンスが達者。
    (日本語会話ができるかは確認していない)チーフパーサーが英語中国語日本語のアナウンスをしたが、原稿を頑張って読みました感はまったくなし。

V Air – our new logo!!!!!

V Air- 首架威熊飛機彩繪精華過程

復興航空の搭乗券特典で南海電鉄のラピートがお得に

【TransAsia Airways&NANKAI Railway Ticket 発売!】2016/09/01~2017/07/01

トランスアジア航空搭乗券の半券をご搭乗日翌日までに南海電鉄関西空港駅チケットオフィスへお持ちいただくと、関西空港駅から難波駅までのラピート特急券付片道乗車券(大人のみ)が1,030円(通常1,430円)でお買い求めいただけます。(搭乗券の半券を回収いたします)
発売期間:2016年9月1日~2017年7月1日
発売対象となる搭乗券の有効期間:2016年9月1日~2017年6月30日

詳しいキャンペン情報はこちら

南海が現在発売している「関空トク割 ラピートきっぷ」と比較してみた。
販売期間 2016年4月1日(金)~2017年3月31日(金)
【レギュラーシート】大人:1130 円、小児:570 円
【スーパーシート】大人:1340 円、小児:770 円

トランスアジアのキャンペーンは、関西空港発難波行きの一方通行ながら、かなりのお得度。

関空展望ホールsky viewのV Airグッズが品薄に

2016年8月、威航で関空到着したその足ですぐに、関空展望ホールに立ち寄った。

前回からわずかに10日経っただけだが、レイアウトが変わっていた。商品が大幅に減っており、台湾のお菓子飲料などが一緒に並べてあった。

2016-08-22-02

2016-08-22-03

お詫びの告知、どうやらこのまま商品入荷の目途はなさそうだ。

2016-08-22-04

V Air(威航)機内で購入

2016年8月、突然思い立った弾丸台湾。

帰りの便は威航のZV208、事前に機内食とともに威熊のタンブラーを予約しておいた。
機内で免税品カタログに載っているそれ以外のグッズを購入しようとしたが、この便に搭載は、Vベアのプッシュトイキーチェーンだけだと言われたため、仕方なくあきらめたところに、傘が最後の一個あると言われて購入。その他のグッズも、たまたまこの便で在庫を切らしていたのか、全社的に在庫なしかは不明。購入に合わせて、おまけのシールを2枚いただいた。

2016-08-22-01

V Air(威航)の9月30日の便を予約した

突然の、V Air全面運航停止の報。

V Airは10月1日をもって全面運航停止となることが決定しました。それに伴い10月1日以降の便の販売を停止致します。

2016年1月23日に桃園ー関空路線が就航してから、たった7か月でこの結果となり驚くばかりだ。思えば、就航初日の便を予約しながら、都合で翌日に変更して以来、復興航空つながりで好きな航空会社であったので、残念でしかたがない。

なんとか、最終日の便を予約した。同時に機内食と座席指定、それから機内販売のみのVベア弁当箱も予約した。本当は弁当箱とタンブラー両方を購入したいが、予約画面からはどちらか一択しかできない仕様だった。折り畳み傘も購入したいので、メールで問い合わせ中。最終日の機内販売で購入できるよう、祈るばかり。

関空展望ホールsky viewでV Airグッズを購入

2016年8月、つい先日、10月1日をもって全面運航停止となると発表があったV Air(威航)、その公式グッズが関空展望ホールsky viewのショップで販売していると、V Air自身のツイートで知り行ってきた。

こちらは、KIXオリジナルグッズ。従来からある各航空会社とのコラボレーションノート、威航の商品が発売になっているとは気づかずうかつだった。

2016-08-12-04

同じくコラボレーションのステッカー。

2016-08-12-05

V Air公式グッズのコーナー、3段目はビーチサンダル(女・男)、コスメティックバッグ2000円(以下いずれも税抜き価格)

2016-08-12-06

一番上の棚は、キーリング500円、ペーパーテープ500円

2016-08-12-07

マグネット600円、付箋450円、コースター型プレート800円、トラベルステッカー350円

2016-08-12-08

2段目は、ラゲージタグ2000円、パスポートホルダー1500円、ラゲージスケール2500円

2016-08-12-09

2016-08-12-10

シリコン製ふた600円

2016-08-12-11

迷いに迷った結果、下の5点を購入した。KIXカード提示で5%割引き、合計2000以上でオリジナルステッカーを一枚いただいた。

2016-08-12-12

期待の弁当箱、タンブラー、折り畳み傘を販売していなかった。メインホール4階のスカイビューカフェで開催の台湾エアラインショールームでは、これらの商品が「非売品」として展示されていただけに残念でならない。

Oh! Bearを探せ!

2016年8月、関空展望ホール・Sky Viewで開催中の台湾フェア in Sky View、今回は、SNSキャンペーン「Oh! Bearを探せ!」にチャレンジした。合計7つのOh! Bearがいるはずだが、残念ながら、5つしか見つからず。下記の丸印の2つは次回に持ち越しとなった。

2016-08-12-01

下記の写真は、メインホール3階のスカイミュージアムで開催の「台湾まるごとギャラリー」に展示されていた台湾航空会社の航空機のモデルだ。角度を変えて撮っても、威航(Vエア)の航空機は自己主張をしていて、人の目を引き付ける。

2016-08-12-02

2016-08-12-03

台湾を知るための60章

台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ147)
台湾を知るための60章 (エリア・スタディーズ147)

編著:赤松美和子、若松大祐
出版社: 明石書店
ISBN-10: 4750343846
ISBN-13: 9744750343846
発売日: 2016/8/25

出版社サイトの詳細はこちら

民主化後の台湾: その外交、国家観、ナショナリズム

民主化後の台湾: その外交、国家観、ナショナリズム
民主化後の台湾: その外交、国家観、ナショナリズム

著者:河原昌一郎
出版社: 彩流社
ISBN-10: 4779170745
ISBN-13: 9784779170744
発売日: 2016/8/17

出版社の詳細はこちら

洋裁がかなえた台湾少女の夢 母とミシンの60年

洋裁がかなえた台湾少女の夢――母とミシンの60年
洋裁がかなえた台湾少女の夢――母とミシンの60年

著者(翻訳):鄭鴻生(天野健太郎)
出版社: 紀伊國屋書店
ISBN-10: 4314011432
ISBN-13: 9784314011433
発売日: 2016/9/29

原著は『母親的六十年洋裁歲月』(出版社:印刻、出版日期:2010/02/25)